動悸、めまい、吐き気(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

動悸、めまい、吐き気(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期の症状 > 動悸、めまい、吐き気

 

動悸、めまい、吐き気

妊娠初期にみられる動悸、めまい、吐き気、胃のむかつき、食欲不振、眠気、胃や腸の不快症状などを「つわり」といいます。個人差はありますが、妊婦さんの約5割~8割の人に見られます。だいたい妊娠5~6週くらいから始まり、7~9週頃ピークに達し、14~15週まで続く人が多いようです。

つわりの原因は、実はまだ詳しくはわかっていないのです。妊娠したことによって、急激に変化するホルモンの状態に、身体がついていけずに起こるものではないかという説があります。

では、どうして、動悸、めまい、吐き気が起こってくるのでしょうか。

妊娠中のママの身体に起こる大きな変化の一つに、体内の血液循環量の増加があります。そしてもう一つは、妊娠すると子宮が大きくなり、臓器を圧迫します。

しかしそれより前に胸部が圧迫され、横隔膜の位置が上がります。そのためたくさんの酸素が必要になるんですね。心臓や肺、腎臓にも大きな負担がかかるので、動悸や息切れ、息苦しさが、妊娠初期症状として出やすくなるのです。

妊娠すると、赤血球、白血球、血小板などを除いた血液量は著しく増加していきます。それによって、赤血球とのバランスが崩れ、貧血気味になることがあります。ここからめまいを起こしやすくなります。

朝夕にむかつきああったり、何でもないのに吐いたり、匂いをかいだだけでむかついてきて、食欲がなくなる。個人差はありますが、こんなさまざまな症状があらわれたりもします。

動悸、めまい、吐き気などの体調不良が続き、思うに食べられないと‘こんな状態で、赤ちゃんが無事に育つんだろうか’と不安になる人が多いようです。真っ只中にいるママには、ずっと続くかと思われて不安になるかもしれませんが、この体調不良はお腹の中の赤ちゃんからママへの‘大きくなってるよ’の合図だと思って、頑張って乗り越えましょう。ママになるための訓練の第1歩ですね。

妊娠というのは大変なこともたくさんありますが、赤ん坊がおなかの中にいるということを感じながら、おしゃれも楽しむ、という気分もいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

ページトップへ↑