自律神経系に出る症状について(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

自律神経系に出る症状について(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期の症状 > 自律神経系に出る症状について

 

自律神経系に出る症状について

妊娠によって、女性の体には、様々な変化が起こります。そのために体調不良になったり、精神的に不安定になったりすることも時々あります。

それはエストロゲンやプロゲステロンというホルモンにバランスの変化によるもの。

自律神経受容体に変化が起こるためで、ストレスが溜まりやすくなってイライラしたり、感情が不安定になる傾向があるのです。人によっては、アレルギー症状がでることも。特に初めての妊娠、出産では自分で判断できないことも多く、余計に不安になりますね。

そんなときは、パートナーや気心の知れた友人などに、話し相手になってもらうなどして、温かい目で見守ってもらいましょう。

また、気分転換を図るために外出したり、同じような時期の妊婦さんと、積極的に関ることで、辛さを半減させることもできますね。心の中のモヤモヤした気持ちを吐き出すだけでも、気分的にずっと楽になります。また、実家でのんびりすごしたり、趣味や楽しみなことに時間を費やすなどで、自分なりのストレス解消法を上手に見つけることで、乗り切れるでしょう。一番過ごしやすい環境を作ってみるのもいいかもしれませんね。

見えない自分の体内で、どんなことが起きているのか、これからどんな症状が出てくるのか、ある程度把握しておけば、いざというときに冷静に判断できます。苦痛を和らげる工夫ができたり、あらかじめ対処法を考えたりもできますね。

あまり「つらい、つらい」と思ってしまうと、余計に気分がネガティブになってしまいます。こうした不安定で辛い時期が、いつまでも続くわけではありませんし、期間や重軽度は、人によって様々です。

中には食事が思うように摂れなくて、おなかの中の赤ちゃんを心配してしまう妊婦さんもいるかもしれまが、妊娠初期の頃の赤ちゃんは、ほんの数センチ。栄養に関しては心配する必要はありません。また、妊娠したからといって、今までの日常生活を特別に変える必要もありません。無理のないように、マイペースで快適に過ごすことを心がけましょう。

スポンサードリンク

ページトップへ↑