しみ、そばかす(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

しみ、そばかす(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期の体の変化 > しみ、そばかす

 

しみ、そばかす


妊娠中は、ホルモンの変化により、メラニン色素が沈着しやすくなります。すなわちメラニン色素を作ろうとするホルモンが分泌され続けるのんですね。そのために顔や皮膚のうすい所にできやすくなるのです。乳首の周辺、おへそから下腹部のかけて縦の線、外陰部、わきの下なども黒くなります。

しみの原因は紫外線やストレス、そばかすの原因は遺伝的要素とされています。

予防するには外出時に日傘、つばが広めの帽子、日焼け止めクリームを塗るなど、なるべく皮膚に紫外線を浴びないように気を付けましましょう。サングラスをするのもいいですね。目からも紫外線は入ります。特に妊娠中は妊娠前より2倍以上、日焼けをしやすくなるといわれています。じゅうぶん気をつけましょう。

睡眠と栄養もたっぷり摂るように心がけましょう。特にビタミンCは効果的です。また、緑黄色野菜や果物もたくさん摂ることによって、予防になります。当然、夜更かしや暴飲暴食などの不摂生はいけません。

妊娠中はホルモンの影響で肌が敏感になって、かぶれたり、肌荒れをしやすくなります。特に化粧をするときは、使い慣れない物は避け、UV化粧品を使用しましょう。また皮膚が汚れていると、しみ、そばかすの原因になります。クレンジングクリームで、念入りに落としましょう。ただし、くれぐれも肌をこすり過ぎないようにします。肌荒れに繋がってしまうことがあるからです。

肌がかぶれているときは、香辛料や熱い食べ物などの、刺激の強いものは、控えた方がいいでしょう。しみの原因になる物質を含んでいる、セロリやスナック菓子の摂りすぎもお肌にはよくありません。また、肌にかゆみがあるときは、冷たいタオルで冷やすようにして、できるだけかかないようにしましょう。

しみ、そばかす、肌荒れなど、いずれも産後はだんだんとうすくなったり消えたりして、肌の状態も落ち着いてきます。また、妊娠中に予防することで、かなり防ぐことができるんですね。そもそも妊娠していなくても、お肌の状態を整えることは、特に女性にとっては、大切なことですね。肌荒れを防ぐ=肌の老化防止にもなりますね。

しみ、そばかすは出産するとほとんど消えるかかなりうすくなります。うすくならずに気になるようなら、皮膚科を受診してみましょう。

スポンサードリンク

ページトップへ↑