妊婦と痔の関係(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

妊婦と痔の関係(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期の体の変化 > 妊婦と痔の関係

 

妊婦と痔の関係


肛門のまわりのうっ血がひどくなり、血管がこぶ状になるのが、いぼ痔、肛門の中にできたものを内痔核、外にできたものを外痔核といいます。

内痔核は、痛みを伴わない出血がありますが、自覚症状はほとんどありません。ただし、症状が進むと、肛門からでてしまう脱肛もあるので、注意しましょう。

外痔核は、ズキズキと痛みます。肛門近くに、血豆のようにできます。

切れ痔は、排便中から排便後に痛みがあります。この痛みはしばらくすると治りますが、肛門周辺を傷つけてしまう症状なので、紙に少量の出血がつく場合があります。

妊娠中や出産時に痔になったという話しはよく聞きます。

では、どうして妊娠、出産を期に痔になるのでしょうか。

それは妊娠中に大きくなった子宮の重みで肛門の近くを通る静脈が圧迫されるからです。またホルモンバランスの崩れから便秘になり、腸の働きが鈍くなると便も硬くなります。肛門付近の血行も悪くなり痔になりやすくなるんですんね。

この場合は、切れ痔、いぼ痔が多いようです。妊娠に関係なく、痔の原因の1番は便秘です。ちなみに分娩中のいきみで痔になる人が多いようですね。

では、痔にならないようにするにはどんな予防があるのでしょうか。

・お腹や足だけではなく、下半身を温め、肛門付近の血行を良くする
・排便後の肛門を洗浄し、清潔に保つ
・肛門をキュッキュッと繰り返し閉める動作は、血行がよくなり効果的です
・長時間立ったり、正座は避けて、自然でラクな姿勢で過ごす
・アルコールは避ける。喫煙も毛細血管の血流を悪くするので、よくありません。

仮に痔になっても、知識の無いまま自己判断でケアするのはやめましょう。特に、いぼ痔の場合、無理矢理押し戻したりするのはよくありません。必ず医師の診察を受けましょう。

ほとんどの場合座薬や軟膏で対処できるようです。受診は産婦人科でも症状に合わせて薬を処方してくれたりアドバイスを受けたりできますが、肛門科を受診した方がより的確な処置が受けられます。

妊娠心中の痔の完治は難しく、悪化しないようにケアはしますが、産後は自然に治るケースがほとんどです。あまり心配しすぎるのは妊婦として精神的によくありませんので、痔にならないように、予防することを心がけましょう。

スポンサードリンク

ページトップへ↑