つわりのときの過ごし方(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

つわりのときの過ごし方(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期のすごし方 > つわりのときの過ごし方

 

つわりのときの過ごし方

つわりは、かなりの個人差があり、妊娠4~7週あたりから始まり、12~16週あたりにおさまってくるとされています。症状もそれぞれで、おおよそ1割は全く感じないという人もいます。

つわりの時期は嗜好が変わったり、同じ物ばかり食べたくなったり、逆に食べられなくなったりします。

臭いに敏感になるので、温かい食べ物よりさめている物の方が食べやすいですね。マタニティプラスフーズなどのように妊娠中を考慮した健康食品もあるので、つわりがひどい時などは無理をしないようにしましょう。

水分を多めに取ることもおすすめします。食べられなくても、水分なら取れるという妊婦さんは多いです。中にはつわりがひどく、点滴を受ける妊婦さんもいます。点滴の成分は、水、電解質、ブドウ糖です。ですから固形物が取れなくても、同じような成分が入っている物にビタミン類をプラスするとよいでしょう。

具体的には、スポーツ飲料やフルーツジュースなどです。無理をする必要はありませんが、水分補給が水だけになると、体の体液バランスが崩れることもありますから、なるべく体液に近い物が入った飲み物を取るようにしましょう。

空腹になると、吐き気が強くなることがあるので、1回の食事量を少なめにして、消化の良い物を、1日に何回かに分けて食べてもいいですね。

ただし、1日に何十回も吐く、水も飲めない、何日も食べられない、数日間に急にやせた、など、明らかに症状が重いときは、医師に受診しましょう。

つわりの時は、食べられる時に食べられる物を食べたいだけ食べる、という食生活で大丈夫です。無理に食べて戻してしまっては何もなりません。この時期に赤ちゃんに栄養が行かなくてもまだ心配はいりません。いずれ食べられる時期が来ます。妊娠初期のこれらの症状は、お腹の中で赤ちゃんが成長している証拠でもあるのです。無理は禁物です。

妊娠初期は、つわりなどで食生活が乱れがちになります。そんなときはビタミン剤で栄養補給することができます。特に葉酸摂取は、赤ちゃんの先天性異常が起こる確率を、減らしてくれると言われています。

また、ビタミンB6を含んだサプリメントを飲むと、つわりの症状が軽減されると言われています。(念のため、必ず主治医に相談の上、使用を開始するようにしてください。)

つらい時期は、上手に気分転換することも大切です。部屋にこもりきりでは気分も優れないので、少しだけでも外の新鮮な空気を吸ってみましょう。体調が良ければ、散歩に出てみるのもいいかもしれませんね。

気心の知れた友人や、同じ妊婦さん同士でおしゃべりすることも、発散の助けになります。

自分にとって心地よい環境を作って、気分を紛らわせることも大切ですね。

スポンサードリンク

ページトップへ↑