タバコ・喫煙について(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

タバコ・喫煙について(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期のすごし方 > タバコ・喫煙について

 

タバコ・喫煙について

喫煙は妊娠していない人でも健康にはよくありません。そのうえ妊婦さんが喫煙すると、妊娠・出産へ直接悪影響します。

お母さんの体内にニコチンが入ると、血管が収縮して、お母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤に、酸素や血液、栄養分が届きにくくなり、その度に赤ちゃんはお腹の中で苦しい思いをすることになってしまいます。

そして、流産、早産、死産、胎児の発育不良、異常出血、胎盤剥離、胎児の先天奇形、乳幼児突然死症候群、未熟児など、様々な悪影響を引き起こす原因になることが、はっきりしています。妊婦さんの喫煙量が多いほど、新生児の体重が少ない傾向があり、未熟児のリスクは非喫煙者に比べると2~3倍に増えます。仮に1日20本のタバコを吸うと、流産率は非喫煙者の2倍、早産率は1.5倍高くなる、と報告されています。

喫煙によって、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)という症状を起こしてしまうことがあります。妊娠中または分娩時に、正常位置に付着している胎盤が、胎児の娩出より先に、剥がれてしまうことです。赤ちゃんへの悪影響はもちろんのこと、母体にも危険を及ぼす重要な疾患です。

妊娠前から喫煙している人でも、妊娠が分かった時点で禁煙すれば、これらの異常を防ぐことができます。そうかといって、長期的に喫煙をしていた人は、辞めたくても中々辞められませんよね。でも、有害物質がたくさん含まれているなどデメリットが非常に多いので、妊娠を機に禁煙しましょう。少しづつ喫煙本数を減らしていくといいかもしれませんね。

どうしても辞められない人は、禁煙プログラムを組んでいる医療機関もあるので、相談したり、参加することをお勧めします。タバコが辞められないのは、意志の問題ではなく、「ニコチン依存症」という病気でもあります。自分1人で取り組むには、中々困難が予想されるので、周囲の人の協力も必要になってきます。

喫煙習慣のない人でも、受動喫煙といって、タバコの煙を吸わされるとこによって、低出生体重児の出産発生率が上昇するという研究報告もされています。タバコの煙の成分は卵巣の女性ホルモン分泌能力を低下させてしまう働きがあり、大きなデメリットです。

また、乳幼児突然死症候群の発生率も、タバコの煙によって2倍近くになるといわれています。受動喫煙は喫煙者本人よりも倍以上のニコチンを吸い込んでしまいます。周囲の人が吸うタバコの煙だけでも害を与えてしまうので、室内でも要注意です。

特にヘビースモーカーの人は、肝に銘じ禁煙することをお勧めします。

スポンサードリンク

ページトップへ↑