妊娠初期~安定期(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

妊娠初期~安定期(妊娠初期の症状・病気・兆候を知る)

TOPページ 妊娠初期の体験談 > 妊娠初期~安定期

 

妊娠初期~安定期

妊娠が確定してから2週間後、病院で無事に赤ちゃんの心拍が確認できました。心拍確認後は、流産する確率がグッと減るので、ちょっと一安心です。

そして、最終月経をもとに割り出された「出産予定日」を教えてもらい、役所へ母子手帳をもらいに行きました。

本格的なつわりが始まったのは、大体9Wくらいからです。つわりの症状は人それぞれですが、私の場合は「午前~昼間:吐きつわり」「夕方~:食べつわり」でした。

においに敏感になり、香水、魚を焼くニオイ、生ごみの臭いが特にダメでした。

生ごみは今まで三角コーナーに捨てていたのですが、密閉できる生ごみ用ゴミ箱へ捨てるようにし、キッチンには脱臭機能のついた空気清浄機を24時間フル運転

そして、どうしても気持ち悪いときに飲んでいたのが「スポーツ飲料」です。運動もしていないのに飲んでしまうと体重が増えてしまうのですが、とにかく気持ちの悪さを抑えるためには、そんなことは言っていられません。

また、無性に生野菜が食べたくて、サラダを大きなボウルいっぱいに食べていました。
つわりは、夕方から夜にかけて酷くなることが多かったです。

夜寝るときは、ベッドの上で気持ち悪くてうつ伏せになり、シーツがグチャグチャになるほどもがいて、いつの間にか寝てるという日もありました。

また、つわりと同じくらい辛かったのが「眠気」です。

当時、正社員としてフルタイムで事務をしていたので、仕事中は眠いのと気持ち悪いのとで、最悪なコンディションでした。

幸い、私の体調を理解してくれる上司や同僚ばかりだったので、辛い時はデスクに突っ伏している感じで休み、もっともっと辛い時は、休憩室で休ませてもらい、この時期を乗り切りました。

病院は2週間に1度のペースで通い、胎児の発育は順調でしたが、たった一度だけ少量の出血がありました。出血といっても、ほんの少しオリモノに混ざっただけですが、初めての出血だったのでとても不安で、泣いてしまったのを覚えています。

後々、友人に聞いたのですが、赤ちゃんの性別が女の子だと、少量の出血があることがあるそうです。もちろん必ず起こる現象ではありませんが、実際に私の赤ちゃんは女の子でした♪

そして妊婦さんの楽しみな「胎動」ですが、私は安定期にはいるちょっと前、妊娠5か月の頃でした。おへその下辺りで、ポコポコって泡が生まれて消えた感じです。赤ちゃんはまだ小さいので、蹴られてるという感じではありません。

この頃には、つわりもすっかりおさまり、安定期に突入です。

スポンサードリンク

ページトップへ↑